女の子にエッチを拒否されないための予防テクニック

こんにちは、26歳の平凡なサラリーマンです。
 
みなさん、順調に出会い系で出会えているでしょうか。出会い系で女の子と出会えるようになると、次に壁となるのが、エッチの壁ですよね。
 
女の子と居酒屋でムードを作ってエッチを誘っても断れてしまう。そんな経験は誰しも持っているのではないでしょうか。
 
今回は、それを起さないようにするためのテクニックをいくつか紹介しようと思います!おそらく全ての男性に参考になる部分だと思うのでお見逃しなく!
 
 

グダが起きないに越したことはない

 
以前、女の子からのグダ、いわゆるセックス拒否反応を崩すためのポイントを紹介しました。
 
 
その際に、女の子から断られてからが勝負であり腕の見せ所であることを話したと思います。もちろん、拒否された時にそれを崩そうとする姿勢は大事です。ただ、本当に理想的なのは、そもそもセックスを拒否られないようにすることではないでしょうか。
 
そして今回フォーカスするのは事前予防の部分。いかにセックス拒否反応を起こさせないようにするのか、具体的なテクニックを紹介します。
 
 

生理の見極め

 
女の子には月一回程度の周期で生理が来ますよね。そしてその時期というのは、女の子は基本的にセックスを断ります。もちろん生理だからといってエッチができないわけではないですが、血が出ることを嫌がって拒否しているんですね。ベッドが血まみれになってしまったらムードが台無しですからね。
 
ですから生理の時というのはエッチを誘うだけ無駄です。もっといえば、エッチを目的に飲みにいったお酒代も無駄ですよね。だから、生理の時は大人しくしておき、生理でない時にデートをするのが望ましいでしょう。
 
しかし、実際そうもいかないのが現実、生理の厄介な点は外からわからないことですよね。事前にわかったらどんなに楽か。そう思うでしょう。
 
そこで今回は事前い生理かどうかを見極め、無駄な出費を抑えるテクニックをお教えします。その方法というのは、女の子に一つの質問をすること。
 
もちろん、「今日生理?」とか聞いたらダメですよ、そんなの生理じゃなかったとしても失敗しますからね。間接的にさりげなく聞くことをしてください。そのための具体的な質問は「なんか怒ってる?生理じゃないよね?笑」と冗談ぽく聞くことです。あくまで冗談っぽくですよ。そうでないと、この質問の趣旨が女の子に悟られてしまいます。「エッチ目的だなこれは」と思われたら逆効果ですから、注意してください。
 
 

信頼関係を作っておく

 
さて、女の子にセックス拒否をさせないもう一つの予防策をお話しします。これはとても本質的な話なのですが、事前に信頼関係を作り上げておけばセックスは起きづらいです。セックスを断られる大きな理由の一つに信頼関係が築けていないから、ということがあるからです。
 
信頼関係とは何かというと、お互いにお互いをよくわかっていること、親しいことです。理想的な信頼関係は付き合って1年くらい経ったカップルですね。カップルの関係であれば、セックスを断られることはほぼないでしょう。なぜかというと、信頼関係ができているから。
 
しかしもちろん付き合わなくても信頼関係を作ることはできます。そのためには共感・同情・お互いの歴史を知ることが重要です。
 
特にお互いの歴史を知るということはテクニック的な部分であり、別の記事で解説しました。
 
 
距離を縮めることでセックス拒否は起きづらくなるので意識してみてください。
 
 

一つ一つ理由を潰すこと

 
色々話しましたが、結局女の子によってエッチ断る理由は様々です。そしてそれらを推測することは可能ですが、実際のところは本人にしかわからないというのがリアルでしょう。
 
だから、男は女の子が断る理由として考えられるものを一つ一つ潰していくことが大切です。全ての理由を潰すことができれば、女の子の断るすべはなくなります。
 
全ての理由を潰すためには全ての理由をしておくことが大切です。そして全ての理由というのは僕にもわかったことではありません。実際のフィールドワークを行い、体で覚えていくことが大切でしょう。
 
だから皆さん経験を積みましょう。経験は裏切りません。
 
ではでは。
 

出会えた時にちゃんと口説き落とすための話術とは

こんにちは、26歳の平凡なサラリーマンです。
 
みなさん、出会い系は順調でしょうか。ちゃんと出会うところまでいけているでしょうか。
 
出会い系は出会うことがゴールではありませんよね。出会えたのであれば、しっかりとデートで口説き落とすことが必要です。
 
そんなわけで今回は出会い系の女の子をデートで口説き落とすためのテクニックを紹介します!
 
 

褒めるかけなすか、相手に合わせる

 
出会った女の子に対し、どんな対応をしていますか?おそらく多くの人は、教科書通りに褒めることに徹しているのではないでしょうか。相手が何をやっても褒めたり同意する。そういう態度は間違いではありません。
 
しかし、もっと確実に女の子を落とすためには、相手に合わせて対応を変えることが大切です。と言うのも、実は褒めるだけでは意味のない相手というのも存在するからです。それがどんな女の子かというと、多くは自分に自信を持っていて、褒め慣れている女の子のことです。つまり、自分が可愛いことを知っている美女のことです。
 
こういった女の子は日頃から多くの男にアプローチされていましす。そしてアプローチする男は女を褒めまくっています。だから女の子は自分が褒められることに飽き飽きしているのです。また自分を褒める人を自分より格下だ思う傾向があります。だからこういったタイプの女に真正面から褒め落とそうと臨んでも粉々に砕け散ることになるのです。
 
ではどうすればいいのでしょうか。女の子を落とすための常套手段である褒めることを失った今、何ができるのでしょうか。それは褒めることと逆のことをすればいいだけです。つまり「貶す」のです。
 
女の子を貶しちゃったら絶対落とせないじゃん!と思うかもしれません。もちろんその危険性はあります。それにただ貶すだけではダメです。ユーモアを交えながら上手に貶すのです。
 
例えば、「鼻が大きいね」と女の子に直接言えば、それはただの悪口。距離を置かれて終わりです。そうではなく、「ミッキーみたいな鼻だね」というのです。これにより、少しマイドルになりつつ、相手より優位な立場に立つことができます。
 
このような「からかい」を上手に使っていくことで、美女と対等に渡り合えることができるのです。これについてはもう少し詳しく説明したい部分ではあるので、今度また専用のエントリーを作ろうと思います。
 
 

都心に住もうよ

 
さて、これは女の子とセックスすることを第一に考えたテクニックです。みなさんはどこに住んでいるでしょうか。まず前提として一人暮らしして欲しいところがあります。
 
実家暮らしだと、女の子を家に連れ込めないため、単純にセックスする機会が失われることになります。女の子とセックスするためにホテルを使わなければならないとなると、手間ですし、お金もかかりますよね。またまだセックスしていない女の子をホテルに招くことよりも、家に招く方が簡単なのです。
 
だからセックスを求める男は一人暮らしをするべきなのです。また直接的な要因以外にも一人暮らしにメリットはあります。まず女の子は実家暮らしの男よりも一人暮らしの男の方が好きです。それはやはり自立しているという男らしさ、頼り甲斐があるからでしょう。また一人暮らししていれば、同じく一人暮らししている女の子と一人暮らしトークが実現します。
 
そういった意味でも、一人暮らしはとてもメリットなのです。さて、前提部分の話が長引いてしまいましたが、今回話したいのは、どこに住むかという話です。
 
これですが、僕的には都心を超おすすめします。なぜかというと、都心であれば飲んだ後に直接家に連れ込めるから。
 
みなさんは女の子と普段どこで飲んでいますか?多くの場合都心なのではないでしょうか。もしくは女の子の家の近くといったところでしょうか。しかし女の子の家の近くだと、ホテルがあるかも怪しいですし、地理がわかっていないだけ不利です。だから都心で飲む人が大多数でしょう。
 
都心で飲むのであれば、都心に住めば最も居酒屋からの自宅フローが実現しやすいです。もちろん、女の子にセックスのつもりがなくても、休憩として家に招くことができます。つまりセックスに圧倒的に近づくのです。
 
また都心に住めば、女の子がどこから来たとしてもアプローチしやすいというメリットがあります。なので、普通に一度セックスした相手であっても、家に招きやすく2回目以降のセックス、つまりセフレの関係を続けやすいです。
 
チンコがうずいているみなさん、都心に住みましょう。
 
ではでは。
 
 
  • 1

Copyright © 26歳サラリーマンの出会い系ブログ 2018 All Rights Reserved.